顔のシミを消したい方のシミ情報サイト

シミを消したい!シミ対策で重要な3つのポイント

シミ対策で重要な3つのポイントは、紫外線対策・スキンケア・生活習慣の管理です。そして、これらは気づいた時に行うのではなく、意識して、年間を通じて毎日継続することが何より重要

保険のCMではありませんが、まさに24時間365日の対策が美しい肌を守ります。シミは、出来てしまって濃くなってから追い出すのは非常に難しい存在です。まだシミが出てくる前か薄いうちにケアを始めていかないといけません。

気を付けてさえいれば避けられることなのであれば、これからの自分のために最大限の努力をしたほうがずっと建設的ですよね。

シミ対策はとても簡単です!なぜならやることがほぼ決まっているから。自分やるべき対策をしっかりやればよいだけ。やることは紫外線対策、スキンケア、生活習慣のコントロールの3つだけ。

放置していて濃いシミになってしまうと美容皮膚科のレーザーじゃないと消えない状態になってしまいます。シミ対策はなるべく早いうちに始めないといけません。

男性女性関係なく、コツコツ毎日しっかり続けて行きましょう。

シミを消したいアナタがやるべきこと

・紫外線対策

必須項目!日焼け止めクリームを買って毎日塗りなさい。できるだけ日傘とかサングラスとかも使いなさい。

 

・美白化粧品

シミに効く成分が入った美白化粧品で毎日ケアをしなさい。シミに効く成分が入っている・・・というのがポイント。シミ予防の成分では意味がないですよ。保湿も重視して美白化粧品で外側からのケアをする。

 

・シミに効く飲み薬

今はシミに効く飲み薬というのがあるから、場合によってはそれも飲みなさい。サプリメントではほとんど意味がないから内側からのケアは飲み薬によってする。

 

・ピーリングをする

ピーリングを定期的にしてターンオーバーを促進する。今は自宅でできるピーリングジェルがあるのでそれを使うのが手っ取り早い対策

 

・生活習慣の管理

寝不足やストレスはシミの原因にもなる。活性酸素をため込まないことが重要。抗酸化作用のある食べ物なんかを毎日の食事に取り入れるのも良いね

紫外線対策

どんなに他の対策を頑張っても、正直なところ紫外線を浴び続けていたらすべて無駄になってしまいます。それほどに紫外線の影響は強いのですね。

もやしやホワイトアスパラのようにずっと黒いシートで覆って生活することは出来ませんので、紫外線を100%カットすることは出来ませんが、身を守る術はきちんと心得ておきたいですね。

年間を通じて対策をしなければいけない理由は、例え真冬でも紫外線はゼロにはならないからです。

もちろん降り注ぐ量は季節によって大きく変わりますので、少ない時期にはガチガチに固める必要まではありませんが、美意識の高い人は真冬でも外出時には日傘を差すのが常識です。

肌に日焼け止めクリームなどを塗るのは当然のことながら、帽子、サングラス、手袋など素肌の出ている範囲を少しでも減らす努力が必要です。

また、最近では生まれたての赤ちゃんでも紫外線対策をすべきというのが常識となりつつありますが、とにかく外出するなら年齢に関わらずきちんと対策をすることです。

美白化粧品や飲み薬でケア

シミが出来る原因は外的要因だけでなく体内にも存在します。

肌は自分の身体の中と外とをつなぐ重要な位置にありますので、外側からの問題をブロックするのと同時に、内側からの問題にも対処しなければいけません。

良いスキンケア化粧品は、ちゃんと外側と内側の両方の面から肌を守る設計になっています。

大事なのは外的刺激に対して強くなれる要素と、活性酸素や分泌物など体内バランスをコントロール出来る要素とがきちんと盛り込まれていることです。

特に肌と水分とは切っても切り離せない関係にありますので、保湿管理については非常に重要。しっとりと潤っている肌には、シミは現れにくいものです。

内側からのケアは飲み薬が担当。これはサプリメントではなく体への負担がない第3類医薬品の飲み薬を使っていくのがベスト。こちらは毎日飲むだけだからとても簡単。

生活習慣の管理

肌を作っているのは、自分が食べたものです。どんなものを食べるかはどんな肌を作るかに大きく影響しますので、毎日口に入れるものの管理は徹底しましょう。

また、健康的な生活をするためには、運動や休息もとても重要です。

体内を正常に循環させるためには筋肉をきちんと使うことも大切ですし、疲れを残さないようにしっかり睡眠を摂ることも大切です。

ストレスは、肉体的にも精神的にも肌に悪影響を与えるので、過剰に溜め込まないようにすることが重要。

実は前述の2つより、この生活習慣のコントロールが一番難しいかもしれません。

ただ、生活習慣が乱れてしまうと血行が悪くなり、内臓の働きが悪くなり、新陳代謝も低下してしまいます。細胞を常に新しく入れ替えるためには、コントロールは避けては通れないことです。

忙しい現代人をサポートするために、サプリメントやいろいろなグッズが登場していますので、難しい場合にはうまく活用するのも良い手段でしょう。

生活が整えば、シミだけでなく他の美容や健康に大いに貢献出来ますので、決して無駄にはなりません。

シミ対策はまず美白化粧品から

シミ対策では紫外線対策と同じく美白化粧品でのケアは必須事項。

まず、美白化粧品と言うからには美白成分が配合されている必要がありますが、日本では厚生労働省が薬用美白成分を認可していますので、それが配合されていれば安心して選ぶことが出来ます。

ただし、基本的には予防効果を認めるものであり、出来てしまった濃いシミを即刻消せるような成分ではありません。これ以上シミを作らせないようにセーブしながら、肌にある色素を早く追い出すというのが基本的な美白化粧品の考え方です。

ライチの皮を剥くように一気に外皮が取れればキレイになれるかもしれませんが、そんな成分は劇薬ですので、あったらあったで問題です。

美白化粧品を使ってシミ対策をするのには、とにかく時間がかかることを理解しましょう。その間、他の要素でシミを作ってしまうような行為は避けることも重要です。

厚生労働省認可の美白成分を選ぶ

厚生労働省が認可している薬用美白成分は、

ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、ルシノール、プラセンタエキス、トラネキサム酸、アルブチン、コウジ酸、カモミラET、エラグ酸、リノール酸、4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、マグノリグナン

などです。

すでにできてしまったシミを消したい!薄くしたい!というのであればメラニン色素還元作用のある成分が入ったものを選ぶ必要があります。具体的にはハイドロキノンがそれです。

その効果はコウジ酸やアルブチンの10倍~100倍と言われているのですでにできてしまったシミの対策としてはハイドロキノン一択と言っても良いでしょう。

他の成分もメラニンが体内で作られる過程のどこかでその働きを抑制し、結果的に生成を阻害する作用のあるものでシミ予防に効果があるとして認められています。

美白化粧品を選ぶときには、これらの薬用美白成分が配合されているものを選ぶのは絶対です。ただ、配合されていても分量がほとんど含まれていないようでは効果は不明ですよね。

見分ける一つのポイントは、医薬部外品という表示があるかどうかで、医薬部外品の認可を受けた製品であれば分量がきちんと配合されていることが確実です。

コツコツと使い続ける必要がある

美白化粧品でシミ対策をするには、時間をかけてコツコツと使い続ける必要があります。

前述の作用の通り、これから新たにメラニンが作られるのを防ぐことが目的の成分なので、すでにできてしまったシミに即効性がないものも多くあります。

ハイドロキノンは医薬品としてもつかわれていて皮膚科でもシミ対策として処方されている他と比べて即効性も高い成分ですが、それでもきちんと毎日使い続けることが必要になってきます。

肌のシミは、コーヒーをこぼしてしまったテーブルクロスのしみとは違って、メラニンは毎日生成されています。つまり、テーブルクロスを洗濯して多少色が薄くなったとしても、毎日同じ場所にコーヒーがこぼされるのです。

こぼしているのはメラノサイトですが、こぼされ続ける以上、こちらも毎日洗濯をしなければいけません。同時にメラノサイトにもうこれ以上コーヒーをこぼさないように、躾け続けるしかありません。

今の自分の肌の状態を知ろう

自分の肌がどういう状態なのか、本当に理解している人はほとんどいないでしょう。

どこかで肌チェックをしてもらったことがある人もいると思いますが、肌は毎日状態が変わりますし、年齢によっても大きく変化します。

特に食べるものによって大きく左右されますし、住んでいる環境や仕事場の環境によっても変わります。女性の場合は特に注意が必要な変わり目が、30前と50前のホルモンバランスの変化時期です。

化粧品がいきなり合わなくなって電気的な痛みや痒みを感じる場合もあるので、毎日の変化にきちんと気付く必要があります。

もし、合っていたはずの美白化粧品が合わなくなったら、もったいないかもしれませんが、使うのは中止するのが懸命です。

一時的な体調による場合もありますが、無理に使ってシミを作っても意味がありませんよね。

添加物に過剰に反応するようになっている場合もあるので、有効成分だけでなく他の成分もチェックしたほうが良いでしょう。

シミに効く飲み薬を使った内側からのケア

肌は、身体の外と内とをつなぐ境界線にある存在です。

影響は外部かもダイレクトに受けますし、体内からも常に受けていますので、いろいろと大変な役割を持っている臓器なのですね。

昔はスキンケアと言うと、肌の上から塗る外部からのアプローチが中心でしたが、近年では飲み薬による体内からのアプローチも増えて来ました。

肌の置かれている位置や役割を考えれば、確かに両方からのアプローチが考えられますよね。では、シミ対策にはどちらか必要か、どちらか有効かと言えば、答えは両方です。

これからのシミ対策は、化粧品だけでなく、飲み薬も使って両方面からアプローチするのが最先端の考え方です。

長年美白化粧品を使っているけれど、あまり効果が実感出来ないという人も、飲み薬を併用することで改善スピードが格段に上がる可能性があります。

本当に効いているのか不安という人は、是非試してみたいですね。

美白系のスキンケアコスメは決して安いものではありませんから、ただなんとなく続けているだけというのではあまりにももったいない話です。

多方面から同時にケアすることでスピードアップを図るのは正解でしょう。

シミに効く飲み薬は用法容量を守る

身体の内側からケアすることが出来るのが飲み薬です。飲み薬は薬であり、医薬品なので、飲む時には正しい量を守って、正しく飲むようにしましょう。

美白化粧品は肌の外側から効果を得ますが、飲み薬は真皮へのアプローチも可能です。もちろん医学的な裏付けがあるわけですから、正しくホームケアが出来るのは嬉しいですね。

飲み薬にもたくさんの種類がありますので、成分の持つ作用を調べて、どんなシミに効くのかきちんと作用についての説明も読んでから選びましょう。

トラネキサム酸のように、一定期間飲み続けたらしばらくインターバルが必要なものもあるので、正しく使うことが重要です。

美白化粧品と飲み薬の併用が強い!

飲み薬の一番のメリットは、顔だけでなく全身のシミに効果が期待出来ることと、まだ見えていないこれから出て来るかもしれないシミにも先回りして予防効果を発揮出来ることです。

一方、美白化粧品のほうは外的なアプローチが可能で、シミがうっすら浮かび上がって来たところをピンポイントで集中ケアすることが可能です。

この2つのアプローチの方法はどちらも有効で、美白化粧品と飲み薬とを併用すれば、面と点と両方でシミを撃退することが出来るというメリットがあります。

気になるところと、気付きにくいところと、両方一気にケアすることが出来るので、シミが出て来にくい肌をキープすることが出来ます。

どちらも即効性はありませんが、どちらかと言うと、ピンポイントで使用する美白化粧品のほうが早く効果を現しやすい傾向があります。

MEMO

・シミ対策は毎日の紫外線対策は必須項目

・シミを消したいなら美白化粧品と飲み薬の併用が強い!

・場合によってはピーリングを使ったホームケアも検討

みんなが選ぶシミ対策化粧品一覧

アスタリフトホワイト

あの富士フィルムの美白欲張りセット!

アスタリフトホワイトクリームは独自のナノ化技術で成分を極小化することで角質のすみずみまで美白成分が浸透しやすいのが特徴。美白有効成分は「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」も配合。アスタリフトではおなじみのアスタキサンチンももちろん入っています。人気のアスタリフトホワイトクリームやジェリーやUVケアまでセットになっているお得なセットです。

価格 ・トライアルセット⇒1,000円(税込)
注目成分 アルブチン、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウム、セラミド、コラーゲン、アスタキサンチン、スクワランなど

新着記事

コウジ酸のシミ・美白効果は?コウジ酸配合化粧品のおすすめはどれ? DERMED(デルメッド)の効果は?【価格・成分・口コミ】 ビタミンC誘導体のシミ・美白効果は?新型のビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)化粧品にも注目 女性ホルモンや摩擦?肝斑ができてしまう原因とメカニズムとは? 肝斑と普通のシミとの違いとは?見分け方ってある? シミの大敵である紫外線を解説!紫外線の肌への影響って? シミ予備軍を消すにはどうする?将来にできる前にやるシミ対策 シミができる大きな原因~ニキビなどによる炎症!厄介な炎症後色素沈着とは? シミを増やさないための予防!簡単な日焼け対策方法 シミができる大きな原因~ストレス!ストレスでシミが濃くなるって本当?

新着記事一覧を見る