顔のシミを消したい方のシミ情報サイト

保湿力の高い美白化粧品は?高保湿な美白美容液で保湿してシミ対策!

保湿は、肌の乾燥を防ぐためだけに行うものではありません。

肌が潤っていることは、シミの予防にもつながることなのです。保湿がシミにどのような影響を与えるかについて勉強し直してみましょう。


肌が乾燥しているとシミができやすい・・・

乾燥した肌はどうなるか

肌の水分不足は肌の乾燥を招きます。乾燥した肌は最初に大量の皮脂を分泌するのですが、これは乾燥によってはがれたセラミドの代わりをするためです。

セラミドとは外部刺激から肌を守る物質ですが、乾燥するとはがれてしまい、隙間から紫外線などの刺激物が入り込んでしまうのです。ですから肌は自身を守るために皮脂を分泌します。

皮脂が過剰に分泌されれば当然ニキビや吹き出物の原因となりますが、それを脂性と思って対策すると乾燥はますます進みます。

すると皮脂の分泌もストップし、肌がカサカサになってしまいます。カサカサに乾燥した肌は外部刺激に弱くなっていますので、肌の内部で炎症が起こり、メラノサイトがメラニンを生み出してしまうのです。

角質層が厚くなり色素が溜まる

乾燥した皮膚は、角質が剥がれずどんどん硬くなってしまいます。毛穴が塞がるのでニキビができやすいですし、透明感がなくなりシミができやすい肌になります。

こうなってしまうと、そこからスキンケアを始めたとしても、有効な美容成分が内部まで浸透出来なくなっています。高い美白化粧品を使っても、肌に効き目がまったく現れないという人は、もしかしたら必要な深さまで有効成分が入っていない可能性があるかもしれません。

こうした肌は、定期的なピーリングを行うことで、徐々に柔らかい状態に変えることが出来ます。

まずは洗顔と保湿、定期的なピーリングを行って、肌が柔らかい状態になってから高い美白化粧品を使ったほうが良いでしょう。体温を上げることも重要なので、お風呂に浸かったり蒸しタオルでターンオーバーを活性化させたりすることも有効です。

肌のターンオーバーも乱れる

さらに乾燥肌は肌のターンオーバーを乱す原因になります。

ターンオーバーが乱れるとメラニン色素を含む古い角質がいつまでもとどまり続けることになり、色素沈着を起こしてしまいます。その結果シミができてしまうと言うことです。

保湿する事だけでもシミ対策になる

まず、潤いは、肌を守る最高のバリア機能だということをしっかり認識しましょう。

肌は身体の中と外との境目にあり、常に健康と美容とを守る最前線にあることをわかってあげてください。シミ対策に保湿が欠かせない一番の理由は、潤いが角質層のバリア機能を担っているからに尽きます。

紫外線やチリ埃、汚れた大気、化学物質、接触や摩擦などあらゆつ外的ダメージから肌を守るのはバリア機能です。肌が乾燥してしまうと、このバリア機能が極端に低下して、あっという間に肌の深部にまで大きなダメージを受けてしまいやすくなります。

肌荒れ、ニキビ、炎症、ゆらぎ肌、ヒリヒリ、痛み、痒み、赤味はすべてシミにつながる悪い信号だと思ってください。常に柔らかく、水分を含んだ弾力のある肌でいることを心掛けましょう。

保湿のメカニズム

健康で美しい肌の角層では、約20%が水分だと言われています。これが常にキープされていれば、肌はトラブルに強い良い状態になります。

大事なのは水分を補給することだけではなく、水分を維持出来る機能を肌に持たせることです。重要な役割を持っているのがセラミド、NMF、皮脂膜ですので、これらを含む化粧品を使うと良いでしょう。

セラミドは肌の中で水をせき止めるブロックのような脂質で、NMFは角質の中で水分と結合して溜め込みやすい水を作る仕事をしています。一番表面でバリア機能を発揮するのが皮脂膜で、この3つが十分に働いていれば、肌は常に保湿され、みずみずしい状態でいられます。

1日1回の保湿ケアで肌バリアの正常化を

肌を保湿することは肌バリアの正常化を図ることに繋がります。セラミドが均一に敷き詰められていれば、外部刺激が入り込む隙間がありませんから、肌も強くなります。

後は紫外線対策などをしっかりしておきましょう。

しかし肌の水分は日々奪われていきますから、1日1回保湿ケアをすることが大切になります。保湿ケアを正しくすればセラミドの状態は保たれますし、肌にハリやツヤがあり、若々しさを保つこともできると考えられるのです。

美白化粧品だけでは保湿が足りない

美白化粧品をライン使いしている人は大丈夫ですが、美白美容液だけスポットで使うような場合には、他に十分な保湿ケアが出来るスキンケアを加える必要があります。

美白化粧品は決して安くはありませんので、美容液だけ使うという人も少なくありませんが、洗顔後に美容液だけ塗ってそれでお終いという状態では、美容液の効果を得るどころか何一つシミ対策にならない危険性があることを知りましょう。

美白化粧品を使うと乾燥するという意見も少なくありませんが、これは多くの美白成分が持つ特性に関係しているため、ある程度避けられない事ではあります。

美白化粧品は、角質の結びつきを弱めて剥がれやすくするよう促進するメカニズムがあり、角質と角質の結びつきが弱まった状態のままではどうしても乾燥を招いてしまうからです。

ラインで使えば必ず保湿が出来るアイテムが含まれているはずですが、スポット使いをするのであれば、自分でそこはきちんと補う必要があります。保湿力を高める美容成分もいくつかありますので、それらが配合されているものを選びましょう。

保湿を先に使用

美白化粧品も使うと言う方は、保湿をしてから美白しましょう。十分に肌が保湿されていなければ美白有効成分は浸透しにくいと言われています。

ですから化粧水、美白化粧品、乳液やクリームと言った順番を守ってみてください。

基本的には朝は保湿をし、美白ケアは夜重点的にするのがいいと言われています。保湿をすることが美白につながることは間違いありませんので、シミ対策をしたい方は実践してみてください。

お勧めの保湿成分はこれだ!

保湿ケアをするならおすすめの保湿成分を覚えておきましょう。まず多くの方が注目するコラーゲンです。コラーゲンは肌を支える繊維状の成分で、年齢とともに減っていきます。

するとたるみの原因になり、しわにもつながります。肌老化を進めますし、ヒアルロン酸が減って乾燥肌につながってしまいますので、コラーゲンを補給してあげましょう。

それからバリア機能を果たすセラミドも取り入れていきましょう。

セラミドが均一に肌表面に敷かれていれば、外部刺激に強い肌になるでしょう。よく美白化粧品を使うと肌が乾燥すると言う人がいますが、それは美白有効成分を肌の内部に届けるためにセラミドをはがしてしまうからです。

ですからセラミドを補給して保湿することはとても大切なことと言えるのです。

さらに天然保湿因子のアルギニンは保水力の高いアミノ酸です。肌をプルプルにしてくれる効果が期待できますので注目してみてください。

ヒアルロン酸は1gで6リットルの水分を保持すると言われている保水成分です。細胞間脂質とともにバリア機能を果たす役割もありますので、乾燥肌対策のためにも取り入れてみましょう。

そのヒアルロン酸以上の保湿力があると言われているのがリン脂質様物質のリピジュアです。

また最近注目の成分としてプロテオグリカンがあります。ターンオーバーを促進する効果もあると言われていますので、シミ改善に努めたい方にお勧めです。

保湿力の高い美白美容液のおすすめはコレ!

ディセンシア サエル

高保湿な美白化粧品といえばサエル!

ディセンシアのサエルシリーズは美白化粧水、美白美容液、美白クリームがセット。高保湿で外部の刺激をブロックしながら美白ができるのが大きなポイント。美白成分であるアルブチンやトラネキサム酸でできてしまったシミやくすみをしっかりケア。

価格 ・トライアルセット980円
主な成分 アルブチン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸2k、パルマリン、ジンセンX、ムラサキシキブエキスなど

リベシィホワイト

乳酸菌の保湿効果が凄い!ヤクルトの美白化粧品

リベシィホワイトはヤクルトが開発した美白化粧品シリーズ。ビタミンC誘導体をメインにシミを徹底的にケア。保湿成分にヒアルロン酸やヤクルトだけに乳酸菌発酵エキス(ミルクとアロエ)も配合しているのが特徴。

価格 ・トライアルセット1,500円
主な成分 ビタミンC誘導体、乳酸菌発酵エキス(ミルク)、乳酸菌発酵エキス(アロエ)、高分子ヒアルロン酸、グリコシルトレハロース、アッケシソウエキスなど

アスタリフトホワイト

あの富士フィルムの美白欲張りセット!

アスタリフトホワイトはビタミンC誘導体やアルブチンを配合した美白化粧品シリーズ。美容成分をナノ化(極小化)することにより肌への浸透率も高いのがポイント。先行美容液、美白化粧水、美白美容液、美白クリーム、UVクリア美容液兼化粧下地のお得なセットになっています。

価格 ・トライアルセット1,000円
主な成分 アルブチン、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸ジカリウム、セラミド、コラーゲン、アスタキサンチン、スクワランなど