顔のシミを消したい方のシミ情報サイト

ハイドロキノン配合クリーム・美容液のおすすめランキング!ハイドロキノンのシミへの効果と使い方

ハイドロキノンは肌を漂白するほどの還元作用があると言われている成分です。

シミは予防が基本ですが、予防と共に出来てしまった濃いシミも消すことが出来る成分として、世界中で一番高い信頼を得ている成分と言えます。

命に関わる症状ではないとは言え、一度気になり出すと常に頭の隅にシミに対するコンプレックスや悩みが残っていて、精神衛生上もよろしくはありません。

ケアを始めてすぐに効果が現れるようなものはありませんが、きちんとケアをしているという安心感が自信となり、気持ちが明るくなる場合も多いので、是非前向きに取り組みましょう。

ハイドロキノンはそんなスキンケアの自信を更に強くしてくれる成分です。


ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、美白成分として世界で一番信頼を得ている成分と言えます。

肌の漂白剤と言われるほど漂白効果が高いのですが、人工的に作られた合成物質ではなく、自然界に普通に存在している天然成分です。代表的なのがイチゴで、昔から酸化防止剤に使われて来た歴史があります。

シミ治療でまず最初に使われる成分と言っても過言ではなく、医療分野でも広く使われている成分です。

ハイドロキノンは紫外線や酸素で劣化しやすく不安定な成分のため、日本では独自に安定型ハイドロキノンを開発し、2001年に薬事法の改正で化粧品にも使えるようになりました。

強い成分であることは変わりありませんが、私たちがホームケアに手軽にハイドロキノンが使えるようになったのは、とても喜ばしい事ですよね。

ハイドロキノンのシミに対する効果とは?

ハイドロキノンのシミに対する効果は、肌の内部に出来てしまった黒色メラニンを薄くする、早く肌から排出するといった美白効果です。

同時に、メラニンを作るメラノサイトにダイレクトに働きかけ、シミが出来にくい肌にする効果もあると言われています。沈着したメラニンを無色に還元する力があるので、ニキビ跡やケガ、虫刺されの色素沈着にも効果があります。

ただし、真皮にまで及ぶ色素に関しては効果はありません。

美容クリニックや皮膚科に行ってシミ治療をする場合には、ハイドロキノンは必ずと言っていいほど使われる成分です。

いかにハイドロキノンとは言え完全に目立たなくするまでには時間はかかりますが、コツコツ続けることで狙ったシミを肌から追い出すことが出来ますので、地道なケアを続けましょう。

シミや色素沈着を薄くする効果

ハイドロキノンには、シミや色素沈着など肌に残ったメラニンを薄くする効果があります。また、これから表面に出て来る可能性のあるシミ予備軍を還元して白くする効果もあります。

つまり、シミのビフォアもアフターもどちらにも効果を持っているということ。
これがハイドロキノンが医療機関にも信頼される理由です。

ハイドロキノンには、シミの原因となるメラニンを早く還元する効果があります。メラニンは、皮膚細胞を守るためには絶対に必要な成分ですが、役目を終えれば透明な状態に速やかに還元されるべきです。

年齢や生活習慣の乱れによって還元力が弱まると、黒色メラニンが肌に残り、シミになります。ハイドロキノンは還元力を持っているので、素早く色素を無色に戻してくれる働きがあります。

この働きは、シミ予備軍が肌の表に出て来るのを予防する働きにもなりますし、すでに肌の中に残ってしまった色素を無色化する漂白の働きにもなります。

また、メラニンはメラノサイトによって作られますが、メラノサイト自体に働きかけて数を少なくすることで、将来的にもシミが作られにくい肌を作ると言われています。

肌質を変えてしまうほどの効果を持っているわけですから、素晴らしい効果ですよね。

あらゆるシミに効果

紫外線や外的刺激、内的刺激によってメラニンが作られ、うまく還元やターンオーバーが出来ないとシミとして残ってしまいますが、それはすべて表皮で起こっている作用です。

ハイドロキノンが効果を持っているのは表皮で起こるメラニンのシステムに対するものであり、真皮にまで入り込んだ色素については効果はありません。ただし、クリニックで先天的なアザなどの治療を行う場合でも、レーザー治療と共にハイドロキノンが使われることもあります。

第一選択ではありませんが、シミはどのようなアプローチで消すことが出来るか、個人差が激しく千差万別のため、ケース・バイ・ケースでハイドロキノンが採用されることもあります。

一般的なシミであれば、ほとんどはハイドロキノンで効果を得ることが出来ると言われています。もちろん基本は予防ですので毎日の美白スキンケアは必要ですが、そこでもハイドロキノンは高い効果を持っています。

毎日の予防美白にも効果

ハイドロキノンには、メラノサイトが活性化してメラニンを作る時に働くチロシナーゼという酵素の働きを阻害する効果もあります。

つまり、毎日の予防の美白ケアにも有効で、過剰なメラニンを作らせないためにも活用出来ます。気になるシミのある人はもちろんですが、これからのシミが心配な人にもハイドロキノンは高い効果を発揮してくれます。

昔のハイドロキノンは肌への浸透性が低く、化粧品として使うのは難しいとされていましたが、改良された浸透性の高いハイドロキノンも登場していますので、手軽にホームケアが出来るようになったことは嬉しい限りですね。

ハイドロキノンの正しい使い方とサイクル

ハイドロキノンが配合された美白スキンケア化粧品を使う場合は、毎日コツコツと適量を使い続けることが重要です。

早く消したいシミがある場合、つい、たくさんつければ早く消えるのではと思ってしまいがちですが、たくさんつけても効果がないばかりか、かえってシミを悪化させてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

ハイドロキノン化粧品の使い方は、基本的にはその商品の使い方を良く読んで、目安量を正しいタイミングで塗れば問題はないです。

刺激が強めなので、初めて使う場合には目立たない場所でパッチテストを行う必要がありますが、そこで問題がなければ大きなトラブルの心配はないでしょう。

ただし、ハイドロキノンが効いている肌は、メラニンが作られない肌ですから、紫外線は大敵となります。ハイドロキノン配合の化粧品の多くは夜用美容液になっていると思いますが、それは夜間なら紫外線にあたる確率が非常に低いからです。

ハイドロキノンには紫外線を吸収する働きもあるので、日中使うと大きなトラブルを招いてしまう危険がないとも限りません。自分で最大限の紫外線対策をする手段もありますが、寝ている時間を使ったほうが効率的ですよね。

塗るタイミングに気を付ける事

ハイドロキノンは、夜のスキンケア時に塗って就寝するのが基本的な使い方です。

スキンケア商品によって肌に塗るタイミングが違う場合もありますが、消したいシミがある場合には、洗顔後に水気を取ってダイレクトにシミ部分に塗る方法が多いでしょう。

化粧水も何もつけていない肌に、シミの輪郭に沿って綿棒などで乗せるのがオススメ。

シミの無い肌にはつけないほうが無難なので、シミの範囲からは出ないようにしましょう。化粧水や美容液のように肌に浸透させる必要はないので、シミにポンポンと乗せて馴染ませましょう。

多少白く残って見えても時間が経てば透明化するので、すり込む必要はありません。

ちょうどシミの上から絆創膏を貼るようにカバーするイメージで、その上から化粧水など通常のラインを使いましょう。ハイドロキノンの上から塗っても、ハイドロキノンの成分を損なうことはないので大丈夫です。

塗る前に肌の状態に気を付ける事

安定型ハイドロキノンは、ハイドロキノンとしてはマイルドに開発されていて、刺激はほとんどないようになっています。

それでも人によってはピリピリとした刺激を感じることもありますし、ハイドロキノンである以上、強さをゼロにすることは出来ません。

気を付けたいのは、ハイドロキノンを塗る前に、ちゃんと毎回自分の肌の状態を確認することを忘れないことです。

ハイドロキノンを塗りたい部分にこまかい傷があったり、湿疹やかぶれがあったり、皮膚が剥けているなど異常がある場合、皮膚が炎症をおこしてしまう危険があります。

シミ対策をする場合、肌に炎症を起こすことは絶対に避けなければいけません。炎症はメラニンを作りますし、色素沈着につながります。特に注意が必要なのは、乾燥肌や敏感肌の人です。

肌がゆらいでいるな、という時には、目には見えなくても細かいキズがついていたり、微弱な炎症が起こっていたりしますので、そんな時には使用を見合わせる勇気も必要です。

ニキビが出来てしまった場合も同様で、その部分にハイドロキノンを使うようなことのないように注意しましょう。

化粧品の保管と使用期間に気をつける事

安定型ハイドロキノンでも、酸化はしやすい成分なので、保管方法と試用期間には注意しましょう。未開封品なら良いですが、開けてから長期間放置しておいたようなものはもったいないと思っても使わないで下さい。

酸化していると、刺激物が出来てきて肌にトラブルを起こす場合もあります。製品の保管方法や使い切り期間については事前に確認しておいて下さいね。

以下でハイドロキノン配合クリームをおすすめランキングで紹介しています。

ハイドロキノン配合クリームのおすすめは?

ハイドロキノン集中ケアクリーム

皮膚科と同レベルのハイドロキノン配合クリーム!

ハイドロキノン集中ケアクリームは美容大国のスイスでバカ売れのハイドロキノン3%配合のクリーム。皮膚科で処方してもらえるハイドロキノンも4%程度なのでほぼ同レベルの効果があります。さらに相乗効果のある6種類の美容成分も配合。海外産を取り扱っているYOUUPさんでしか買えない商品です。

価格 定期:999円(※初回限定)
通常:4,900円
内容量 30g
主な成分 ハイドロキノン(3%)、ツボクサエキス、ローズマリー葉エキス、カンゾウ根エキス、パンテノール、トコフェロール、グリチルリチン酸2Kなど

アンプルール ラグジュアリーホワイト

3秒に1個売れる人気!ハイドロキノン美白化粧品の定番!

アンプルールのラグジュアリーホワイトはスポット集中美容液、化粧水、美白美容液、美容乳液ゲルがセットになった定番の美白化粧品シリーズ。ハイドロキノンをマイクロカプセル化する事で刺激を少なく安全に使えるようにしているのがポイント。スポット美容液と化粧水にハイドロキノンを配合。美白美容液と美容乳液ゲルにはハイドロキノン誘導体を配合しているのでライン使いすれば完璧な美白ケアが可能。

価格 トライアルセット:1,500円(※初回限定)
内容量 スポット集中美容液3mL、化粧水20mL、美白美容液8mL、美容乳液ゲル10g
主な成分 ハイドロキノン(2.5%)、アクロマキシル、スクワラン、プラセンタ、αリポ酸など

ホワイトHQクリーム

ハイドロキノン5%と高配合な美白クリーム!

ホワイトHQクリームはハイドロキノンを5%と高配合した美白クリーム。皮膚科でもらえるハイドロキノンと濃度が同等なので皮膚科レベルでのシミ対策が可能なクリーム。気になるシミに夜寝る前に塗るだけの簡単ケアでOK!他の美白成分やセラミドやコラーゲンなどの保湿成分も入っているのもGOOD!1本で1~1.5月くらい持ちます。

価格 通常:2,990円
内容量 10g
主な成分 ハイドロキノン(5%)、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、セラミド、プラセンタ、コラーゲン、アルガンエキス、リンゴ幹細胞、ブドウ幹細胞、カンゾウ根エキスなど

ビーグレン

微小カプセルでハイドロキノンを肌の奥まで浸透!

ビーグレンは超微小カプセル化したハイドロキノンを配合した美白化粧品シリーズ。髪の毛の太さの500分の1まで小さいカプセルで肌の奥まで浸透させる技術はビーグレンだけ。その効果の凄さはリピート率98.5%もいることで証明しています。QuSomeホワイトクリームにハイドロキノンが配合されています。こちらもライン使いでトータルなシミケアが可能です。

価格 トライアルセット:1,800円(※初回限定)
内容量 クレイウォッシュ15g、QuSomeローション20mL、Cセラム5mL、QuSomeホワイトクリーム5g、QuSomeモイスチャーリッチクリーム7g
主な成分 ハイドロキノン(1.9%)、シムホワイト377、ピュアビタミンCなど

ビハクシア

トリプル美白成分配合でシミを徹底ケア!

ビハクシアはハイドロキノン誘導体とビタミンC誘導体とグリチルリチン酸2Kをベースにした美白クリーム。ハイドロキノンで今あるシミをビタミンC誘導体でシミの予防と成分のバランス的にはまずまずの美白クリーム。保湿成分や整肌成分もたっぷり配合。朝晩2回のケアを推奨。

価格 通常:3,980円
内容量 27g
主な成分 ハイドロキノン誘導体、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K、黒砂糖エキス、セラミド、グリセリン、メドウフォーム油、ビルベリー葉エキスなど

ハイドロキノンでシミが消える理由

ハイドロキノンのメカニズム

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど、メラニンを還元する力が強い成分です。

メラニンを作るメラノサイトの数を減らす作用もあると言われていて、シミの予防とシミの改善と両方に効果があると言われています。

メラニンの沈着した肌細胞のターンオーバーをサポートするので、角質ごと色素を排出するのにも役立ちますが、ターンオーバーするのは表皮だけですので、真皮層に達したシミに対してはさすがのハイドロキノンも効果はありません。

紫外線によって出来てしまったシミを薄くしたり、消したり、これから出て来る可能性のあるシミを出る前に還元したりする働きがあります。

ハイドロキノンのメカニズムは、チロシナーゼ酵素の働きを阻害してメラニンを作らせないことで、肌を白くするという働きです。

つまり、ハイドロキノンが作用している間は、例え紫外線にあたってもメラニンが作れないので、紫外線対策は自分できっちり行う必要があります。

ハイドロキノン誘導体との違い

化粧品の成分には誘導体というものがよく登場しますが、誘導体とは簡単に言えば体内に入ってからその成分として働くものです。

つまり、ビタミンC誘導体なら体内に入ってからビタミンCとして働く成分という意味ですが、ハイドロキノンにも誘導体があります。

ハイドロキノン誘導体で有名なのはα-アルブチンですが、厳密に言うとハイドロキノンとα-アルブチンとはまったく同じ働きをするとは言えません。

もちろんどちらも高い美白効果がありますが、α-アルブチンのほうはハイドロキノンに比べて働きが非常にマイルドなので、出来てしまったシミを排除するよりも、メラニンが黒色に変換する前に作用して、肌が黒くならないように守ることでシミが出来るのを予防する働きのほうが強い成分です。

もちろん誘導体ですから、体内に入った後成分が分解されて、ハイドロキノンと同じような働きもしますが、言ってみれば主な美白作用は防御のほうで、攻めのハイドロキノンよりは穏やかな成分になります。

ただ、メラニン生成を抑えてシミを予防する効果は高いので、合わせて使うとより有効でしょう。