顔のシミを消したい方のシミ情報サイト

女性ホルモンや摩擦?肝斑ができてしまう原因とメカニズムとは?

30代後半から気になって来るのが肝斑です。

昔は肝斑という言葉すら知らない人のほうが多かったのですが、最近ではすっかり有名なシミになっていますよね。

肝斑は、紫外線による影響で出来る一般的なシミとは少し違う、独特なシミと言えます。現れ方も点ではなく面で現れるため、範囲が広いとそれが肝斑とは気付かない場合も少なくありません。

顔全体に拡がると、いつの間にか日焼けをしたのかと思うような状態になりますし、薄い場合は単なるくすみや暗さに見えることもあります。

現れていることに気づきにくいシミでもあり、とても厄介な存在です。自分に肝斑があるかどうかわからない場合は、美容クリニックなどで正しい診断を受けるのが一番です。

通常の美白スキンケアを長年続けているのに、まったく効いた気がしないと感じているようなら、一度は肝斑を疑ったほうが良いかもしれませんね。


肝斑ができてしまう原因

肝斑が現れる原因は、ハッキリとは分かってはいません。

ただ、そもそも肝斑ができやすいのは30~40代の女性です。そして30代後半あたりから更年期にかけて女性に現れやすいシミとの事から妊娠や経口避妊薬が関係していると言われています。

・肝斑ができやすいのは30~40代の女性

・妊娠すると濃くなることが多い

・またピルを服用中の方にも現れることが多い。

・高齢の女性は肝斑を発症しないパターンが多い

上記のことから、1カ月の間でバランスが変わっていく女性ホルモンの減少や、女性ホルモンバランスの乱れが関係あるという線が最も強いです。

紫外線を浴びやすい頬骨や目の下あたりにできやすいことから、紫外線との関係も指摘されています。

さらに生活習慣の乱れやストレスによって女性ホルモンが減ってしまうと、肝斑が発症しやすいと言われています。

若い年代にはほとんど見られないことや、30代40代が発症のピークと考えられることから、やはり加齢による体内の変化が関係している疑いは強いでしょう。

男性でも女性でも、30代後半からのある程度の肉体の老化は避けられないことですから、ホルモンの分泌量の変化も要因の一つではあるはずです。

人間の肉体の老化を引き起こす直接的な原因を特定するのは、肝斑に限ったことではなくとても難しいことです。私たちが予防するのであれば、部分的な問題ではなく、肉体の全体的なアンチエイジングに努力するしかなさそうですね。

MEMO

近年では男性の肝斑も同じように存在することが分かり、更に原因の特定が難しくなって来ました。

 

永らく更年期で女性ホルモンのバランスが変化するためと言われて来ましたが、男性にも見られることから女性ホルモンに限った現象とは言えなくなっています。

 

もちろん30~40代の女性がほとんどで男性は少数なので女性ホルモンの減少や、女性ホルモンバランスの乱れが関係しているのはゆるぎない事実ではあります。

肝斑のメカニズム

肝斑は紫外線が直接的な原因ではないことは分かっています。ただし、紫外線を浴びることで肝斑が悪化することは分かっています。

原因はともあれ、起こっている現象としては、メラノサイトが常に活発に働いていて、常時メラニンを作り続けているということ。

このメラノサイトの反応を鎮めない限りは、メラニンの黒色化を避けることは難しいでしょう。原因が不明なため根治は難しいですが、反応を鎮めることで肝斑が現れるのを食い止めることは可能です。

隠れ肝斑と言って、表には現れていなくても何かのトリガーで一気に肝斑が表面に現れて来る場合もあり、見えてはいなくても、ある程度の年齢になったらケアは常に続けておく必要があります。

また肝斑は紫外線を浴びると濃くなるということから、ほかのシミと併発することがあります。

一般的なシミは紫外線を浴びることでメラニン色素が黒色化し、肌のターンオーバーが乱れることで色素沈着を起こします。ですから肝斑が濃い方は特にほかのシミを併発している可能性があると言えます。

肝斑を悪化させないためには

肝斑は、現れてしまったら悪化させないように注意する必要があります。

一因としては蓄積された刺激が指摘されていますので、

・肝斑が現れている箇所を擦らない

・刺激を与えない

・紫外線をあてない

といった対処が必要です。

男性の肝斑は毎日髭剃りを行っている箇所に現れやすいと言いますから、度重なる刺激が年齢と共に一気に表面化すると考えて良いでしょう。

他にも毎日の洗顔やクレンジング、メイクなど、刺激になる行為は日常生活の中にたくさんあります。

キレイを保つために続けていたスキンケアが、実は将来の肝斑を引き起こす要因の一つになっていたということのないように、ひとつひとつ丁寧に見直してみる必要があるかもしれませんね。

肝斑は、一度薄くなったと思っても、ある時また一気に再発することが多いシミということが分かっています。なんらかの対処で一気に解消するものではなく、悪化させないように注意しながら改善すべきシミと言えます。

紫外線対策は必須

肝斑が気になる方は5~9月の紫外線が多くなる時期は特に紫外線対策を十分に行いましょう。

肝斑が女性ホルモンの影響を受けてできるのは分かりましたが、紫外線対策も必要不可欠です。紫外線対策をきちんとすることで肝斑をこれ以上広げず、濃くせずに済むかもしれません。

では具体的にどのようにすればいいのか、基本的には日焼け止めやUVカットクリームを利用するのがベストでしょう。正しく使用することで紫外線から肝斑を守ることができます。

正しい利用方法としては、むらなく厚めにクリームを塗ることです。また日焼け止めなどはこまめに塗り直すことも大切です。汗や水に弱いので、特に夏は塗り直すことが必要です。

またSPFやPAもありますので、生活スタイルに合わせて選びましょう。ほかにも肌のターンオーバーを正常化する生活習慣やスキンケアを心がけるのもお勧めです。

肝斑にはトラネキサム酸

肝斑を直すためにはトラネキサム酸を取ることが大切です。

ただほかのシミと併発している場合はビタミンC誘導体やプラセンタなどの美白有効成分も合わせて取るのがおすすめです。

また皮膚科や美容皮膚科、美容外科などに行くと肝斑治療を受けることができます。ただし治療に健康保険が適用されるかどうかは治療院で変わりますので、確認してから受診するのがいいでしょう。

治療には数カ月から1年かかると言われていますので、セルフケアで薄くならない、改善されないと言う場合は一度病院を受診してみるのもお勧めです。