顔のシミを消したい方のシミ情報サイト

肝斑と普通のシミとの違いとは?見分け方ってある?

肝斑は通常のシミとは違った特徴があり、一般的に30代から40代の女性が中心となる症状ですが、男性にも現れることが分かっており、近年ではクリニックに治療で訪れる男性も増加していると言います。

男性もスキンケアをマメにするようになったために、気付く人が多くなっただけかもしれませんが、女性ホルモンのバランスの崩れが原因ではないかと言われることが多かったので、ちょっと意外かもしれませんね。

こうしたことからも分かるように、肝斑はまだまだ解明されていない症状であり、それだけに治療は難しいと言われています。

紫外線で悪化することはあっても紫外線が直接の原因ではないことは分かっていて、紫外線対策は必要ではあるもののそれだけでは備えは不十分と言えそうです。


肝斑の特徴

一般的に、肌にぼんやりと浮かび上がる薄茶色のシミが肝斑です。

色は淡い褐色から濃い褐色と言われており、紫外線を浴びると濃くなるともいわれています。頬や額に出る、左右対称に出るなどと言われていますが、実際にはもっと部分的に出たり、左右非対称に出たりする実例もあるため、それも確実な判断材料とはなりません。

特に紫外線が当たりやすい頬骨や額、目元などにできやすいと言われています。

ほかのシミと併発しやすく、はっきりと目だって肝斑ができていなければ気づきにくい人もいるでしょう。そのため皮膚科を受診して初めて肝斑と気づく人もいるようです。

症状も広範囲にできる人からぽつぽつとできる人と様々ですから、一概に肝斑だから目立ってひどいとは言い難いのです。とは言え肝斑ができる場所は頬骨や目の周り、額なので、メイクで隠しきれないほど濃くなると気になってしまう方も多いようです。

体調によって濃く見えたり薄く見えたりする場合もあり、治ったと思っても再発するケースが多く、治療は長期的に続けられる必要があると言われています。

色は薄茶色が多いけれど・・・

シミの色はマチマチで、ひとつひとつ完全に見分けるのはほぼ無理です。

肝斑は通常のシミよりは赤褐色に近く、日焼けしたような印象を持つことが多いと言われています。年齢と共になんだか色黒になったと感じたら、それは顔全体に肝斑が現れているのかもしれません。

他のシミのように周りとの色の区別がつくような輪郭がなく、もやもやとしたハッキリしない範囲に現れるのが一般的です。

好発するのが狭い年齢層なので、30代40代になったら注意すると良いでしょう。

肝斑でよく言われている事

・男女とも共通しているのは30代から発症が多くなる点で、特に肌に摩擦を与えることが多い人に出やすいとも言われています。

 

・クレンジングや洗顔の時にゴシゴシとこすってしまう、男性なら毎朝の髭剃りで肌を傷めてしまうといった肌への刺激も問題で、肝斑を悪化させる要因になると言われています。

 

・ホルモンバランスの影響は少なからずあることは間違いがなさそうで、ストレスによる自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが肝斑を悪化させる要因とも考えられています。

 

・紫外線にあたったというような外的な要因よりも、自分の身体の中に蓄積されたなんらかの要因が、知らず知らずのうちにじわじわと染み出して来るようなイメージのほうが正しいかもしれません。

肝斑単独の人は稀で見分けが難しい

肝斑の判断がしにくい理由の一つに、肝斑だけが単独で現れる人はほとんどいないという点があります。

だいたいは他の種類のシミを併発しているので、そちらにばかり改善のケアをすると、逆に肝斑が悪化するといったケースもあります。

重なっている部分は判断が難しいですし、自分ではなかなか対処が難しいのも事実。

隠れ肝斑と言われ、実はあまり表面には現れていなくても、何かきっかけがあればすぐにでも現れて来る可能性が高い肝斑もあると言われています。

予防のためには日頃からスキンケアを続けることと、自分の肌色の変化をよく見ておくことでしょう。紫外線が直接の原因ではないにしても、悪影響が大きいので注意が必要です。

肝斑ができやすい人って?

肝斑は女性ホルモンに関係していると言われています。

特に妊娠中の方やピルを服用している方など、女性ホルモンが乱れやすい人に多く見られる症状です。妊娠中は赤ちゃんを守り、妊娠状態を継続するために女性ホルモンが普段以上に分泌されています。

ピルは女性ホルモンの分泌量を一時的に増やす作用があります。

女性ホルモンが急激に増えると言うことから、肝斑もできやすいのですが、詳しい関係は判明していないようです。

ただ紫外線によって濃くなると言うことは分かっており、十分な紫外線対策が求められます。また肝斑は閉経を迎えるころに消えるあるいは薄くなる人も多いです。

肝斑の治療法は?

肝斑を治療するには自宅療法か医療機関の受診が必須です。

病院を受診する場合は皮膚科や美容外科など、シミの専門医を訪ねましょう。内服薬や外用薬による治療から始まることが多いです。

また保険の適用ですが、病院によってされる場合とされない場合があります。内服薬、外用薬の処方であれば保険が適用されることも多いようです。

なお内服薬としてはビタミン剤が処方されることもありますし、外用薬にはアルブチンやハイドロキノンが処方される場合も見られます。

抗酸化作用を持つ薬とシミにいいとされる薬を組み合わせて経過観察していくことになるでしょう。肝斑に対してはトラネキサム酸が効果的であると言われていますので、多くの病院でも処方しているようです。

上記のように一般的には投薬治療が基本で、専用のレーザーなどもありますが、再発率が非常に高いので一気に処置するというより、コツコツケアを続けて身体の中から対処したほうが良いでしょう。

自宅ケアはどうすればいい?

では肝斑を自宅でケアしたい場合はどうすればいいのでしょうか。もちろん肝斑の自宅ケアは可能ですし、専用の薬や化粧品も多く販売されています。

特に肝斑に良いとされているのがトラネキサム酸。トラネキサム酸には抗プラスミン作用がありますので、肝斑改善にいいとされています。

ですので自宅ケアをする場合はトラネキサム酸を配合した化粧品や飲み薬を使用するのが基本。

また皮膚科クリニックではハイドロキノン+トレチノインの併用で肝斑の治療をするところが多いです。

スキンケアをする上での注意点は、肌に刺激を与えないこと、基本を押さえることです。

基本となる化粧水、乳液、美容液、クリームは必ず行い、その上で肝斑ケアを取り入れましょう。ケアするときに肌をこすったり、塗りこむようにしたりすると、余計にシミを濃くする恐れがあります。

また紫外線対策も日ごろから行っておきたいものです。

肝斑は紫外線を浴びると色が濃くなると言われていますので、日焼け止めクリームなどを塗る習慣を付けましょう。

若い女性ほど悩みやすい肝斑ですが、ケア方法を正しく取り入れれば怖いものではありません。
閉経後に消える方も多いので、対処していってみてください。