顔のシミを消したい方のシミ情報サイト

シミ予備軍を消すにはどうする?将来にできる前にやるシミ対策

シミは出来る前のケアが基本で、出来てしまってから消すのは大変な時間とお金がかかる作業になります。

確実に予防するためには、「できる前からケアすること」で、プラス、「そのケアを続けること」が最も重要です。

ほとんどの人は、真夏に屋外に出る時くらいしか紫外線のケアをしませんが、ケアは1年中、真冬でも行うのが基本。

また、紫外線だけでなく外部刺激やストレス、汚れた空気もダメージになるので、メラニンが知らず知らずのうちに蓄積している状態にしないことが重要。

この知らない間にメラニンが蓄積している部分がシミ予備軍で、まだ肌の表面に出て来てはいないものの、いつ出現するかがわからないギリギリの状態と言えます。

シミのケアは、このシミ予備軍の時から早めに行っておくことが何よりも重要です。

シミ予備軍を消すにはどうする?

シミを無くすのはシミ治療、シミ予備軍を無くすのがシミ予防です。

シミ予防を徹底するためにはシミ予備軍自体をなくす必要がありますが、そのために重要なスキンケアが美白と保湿です。

美白化粧品にはメラニンの過剰生成を抑える働きのある成分が含まれていて、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。

そして乾燥した肌は紫外線などの外的刺激により大量にメラニンを作り出しますし、ターンオーバーを滞らせて角質が厚くなるので、保湿ケアはとても重要です。

美白だけでも保湿だけでも片手落ちですので、必ずダブルケアを行いましょう。

ブラックライトで浮かび上がる予備軍?

シミ予備軍が一時期ブームになったのは、ブラックライトを顔に当てて黒っぽい点を浮かび上がらせる映像がたくさん紹介されたからです。

ブラックライトをあてて画像撮影すると、その時に活発化しているメラノサイトが黒点となって現れますが、あまりの多さにショックを受ける人も多いようですね。

でも、誰が撮影しても無数の黒点が映し出されるのは普通なので、ひとまずは落ち着きましょう。

メラノサイトが活発でメラニンがたくさん作られているからと言って、そこにそのままシミが出来ると決まったわけではありませんし、メラニンが生成されている事は事実ですが、メラノサイトが正常に働いている証拠でもあります。

忘れてはいけないのは、メラノサイトがきちんと働いてくれないと細胞の病気を引き起こす原因にもなると言うこと。

メラノサイトが健康で正常に機能している肌は、決して間違った肌ではありません。

メラノサイトは肌を守る仕組みですので、しっかり肌の管理が出来ていればシミとして残るとは限りません。

刺激が無くなったのにも関わらず、ずっとメラニンを作り続けてしまうと危険度が増しますので、メラニンを大量生成させないようにコントロールすることが大事です。

正しいシミ予備軍の対策方法

シミ予備軍がたくさんあっても、慌てずに毎日正しいスキンケアを行えばシミが出て来るのを防ぐことが出来ます。

すでにうっすら浮かび上がっている部分には、集中的なスポットケアが必要ですが、顔全体にまんべんなく美白ケアをすることと、確実に保湿ケアをすることを365日忘れなければ、シミを防げる確率がとても高くなります。

お勧めなのは、

スポットの美白ケア+顔全体の美白ケア+飲み薬による美白ケアです。

飲み薬なら内側から全体的なケアが出来るので、細かい部分に神経質にならずにケアをすることが出来ます。

ただ、いずれにしてもシミは出来てしまってから慌てるものではなく、シミがまだ表に出て来ていないうちから抑制することがとても大事だということ。

ただし肌に刺激を与えないように、こすったりいろいろな美白成分を次から次へと使うなど落ち着かないケアをしないことも大事です。