顔のシミを消したい方のシミ情報サイト

紫外線対策をしないとシミが増殖する?これからのシミを予防する対策を

春を過ぎると突然日差しの強い日が多くなって、慌てて日傘を取り出す人も多いと思います。ちょっとくらい大丈夫だろうと思っていると、シミが増殖して後々ひどく後悔することにもなりかねませんので、毎日の紫外線対策はとても重要です。

今現在、肌に現れているシミは、過去に自分が浴びて来た紫外線の影響によるものが非常に多いと考えられます。後悔先に立たずですが、それほどに数年後の自分の肌に大きな影響を与えるのが紫外線です。

シミ対策をするなら、今見えているシミだけに囚われず、これからのシミを予防する対策が重要です。

メラニン生成の引き金は紫外線

シミの原因は、メラニンの過剰生成またはターンオーバーの低下によるメラニンの残留です。メラノサイトを活性化させるのはメラノサイト刺激物質ですが、それを活性化させるのが紫外線です。

細胞の中のDNAを守るためにはとても重要な物質で、肌の中に黒い日傘を差すような役割を果たします。

だから必要な時に必要な分を生成し、役割を果たした後は分解されて排出させるのが正常なメラニンの使い方です。シミを予防するためには、メラノサイトが過剰に暴走しないように意識して生活する必要があります。

メラノサイトが紫外線に敏感に反応する以上、メラノサイトを刺激しないためには、常に紫外線対策をする必要があるのは当然ですね。

紫外線にはA波とB波とがありますが、細胞を直接攻撃するのがB波、活性酸素を生成し、長年に渡って細胞に害を与え続けるのがA波です。

いずれにしてもどちらも防ぐ必要があり、紫外線対策は欠かせない防御策です。

メラニンは使い捨てが基本

メラニンは必要な物質ですが、必要な時に作って必要が無くなったら捨てるのが基本。

つまり、使い捨てが出来るのが基本なのですが、シミになるということは必要が無くなったものをうまく捨てられていないということになります。

シミを増殖させないためには紫外線対策も必要ですが、並行して肌から早く追い出す対策も必要です。

作りすぎない、作ったら速やかに捨てるというのが基本なのですね。

シミが増殖するということは、作りすぎているか、捨てきれていないか、その両方かということになりますが、例え捨てるスピードが遅くなっているとしても、少なくとも作らなければいつかはなくなるはず。

美白ケアをしているのにも関わらず、十分な対策をせずに紫外線を浴び続けるのは、残念ながら大いなる無駄をしていることになってしまいます。

今は許せる状態でも・・・

多少のシミはあってもしょうがないし、もう気にするような年齢でもないから諦めたという人も中にはいますが、今許せているのは、今表面に見えているシミに関してだけではないでしょうか。

意識するかしないかは、この先、今の状態が維持出来るか出来ないかも左右しますので、考えるべきなのは今の自分ではなく数年後の自分です。

残念ながら、何の紫外線対策もしないまま半年も過ぎてしまえば、来年再来年に肌に現れるシミは確実に増殖します。

体質も環境もあるので増殖レベルは一概に言えませんが、シミはこの先、増えることはあっても減ることはまずありません。

シミが出来るということは、それだけ皮膚細胞がダメージを受けたという証拠でもありますので、反省して自分の身体を大事に労る必要があるでしょう。

美白ケアをしても効果を感じることが出来ないという人でも、悪化したと感じていないのであれば、その美白ケアは一定の成果を上げているとも考えられます。

もし何もしなかったら、紫外線対策もしなかったら、想像するだけでもげんなりするような状態かもしれませんね。シミは作らない、増やさないが基本です。